H&L ハッセルブラッドとライカ 写真5人展 H&L ハッセルブラッドとライカ 写真5人展

kawamutsu #01

d0269055_10133663.jpg

哲学の道
summaron 35mm/3.5


この年頃の男の子なら誰でも、魚が見える川や池があれば釣りをしたくなる。
釣り上げた魚を手に取ってプルプルと震えるのを肌で感じて、小さな魚にも命があることを感じ取るのだ。






何故写真を撮るのか?と問われても明確に答えることができない。
一つだけ言えることは『写真って楽しい』ということ。
写真を撮るために何処かに出かけることも、旅先で名物を食べることも、暗室に入って写真を焼くことも。
展示会をして見に来てくれたお客様と話をすることもみんな楽しい。

ただ最近感じるのは、選ぶ被写体や風景はどこか懐かしさがあるものばかり。
もしかしたら少年時代に過ごした’70年代の風景を捜し歩いているのかも知れません。

1966年製

■略歴
2005年 長岡在住時に中越地震を機に写真活動再開しBlog開設

2008年 第2回6-Motion展"R"参加
2010年 ≪f3.5≫ローライによる写真5人展参加
2011年 gallery maggot『東日本大地震支援チャリティ』参加 
2011年 1に纏わる11枚の写真111番館にて参加 
2011年 gallery maggot 公開グループ展 GRD参加 
2012年 Gallery☆LimeLight 第6回☆6-Motion『真四角こそ正義!』参加
2012年 『モノクローム合同写真展「Peace Pieces」Vol.4』参加予定


数台のLeicaと数本のLeitzレンズ、数本のロシアンレンズがお気に入り。
中判はHassyとRolleiで撮っています。

ビールが大好き(でも自粛中)

2012/09/01
by hassy_leica | 2012-09-05 00:00 | kawamutsu